Pixel端末のAndroid OSをダウングレードする方法

技術ネタ
この記事は約3分で読めます。

はじめに

Android端末のデバッグを行う際に古いOSでの検証をしたくなったので、Pixel5のOSを12から下げてみました。

その手順を備忘録としてまとめておきます。

注意: OEMロックの解除などを行うので、実施する際は自己責任でお願いします

初期化に伴ってデータが全て削除されるため、必ずバックアップを取っておきましょう

Android OSのダウングレード手順

Mac側の準備

まずはadbを使えるようにします。

Android Studioをインストールし、以下のコマンドを.bash_profileに書いてadbのパスを通しましょう。

export PATH=/Users/[ユーザ名]/Library/Android/sdk/platform-tools:$PATH

ターミナルからadbを実行して長いメッセージが出力されればokです。

Pixel端末側の準備

  1. 開発者向けオプションを表示します
    • [設定] > [デバイス情報] > [ビルド番号]
    • ビルド番号は7回タップしてください
  2. USBデバッグを有効にします
    • 開発者向けオプション内の「USBデバッグ」をonにします
      • 確認ダイアログが出てくるのでOKを選択してください
  3. OEMロックを解除します
    • 開発者向けオプション内の「OEM ロック解除」をonにします

ブートローダをアンロックする

Pixel端末とMacをUSBケーブルでつないで、ターミナルで操作します。

ブートローダを起動しましょう。

adb reboot bootloader

初めて起動する場合はUSBデバッグに関する確認ダイアログがでることがあります。

その場合はOKを押したあと再度上記コマンドを実行します。

ブートローダを解除します。

fastboot flashing unlock

ヤバそうな画面が出てきますw

音量ボタンで Unlock the bootloader を選択します。

電源ボタンで確定してください。

さらに電源ボタンで端末を再起動します。

ファクトリーイメージの入手

FactoryImageはこちらからダウンロードしてください。

Factory Images for Nexus and Pixel Devices  |  Google Play services  |  Google Developers

acknowledgeを押して一覧を表示

対象の端末のOSを探し、 11.0.0 から始まる最新のOSをダウンロードする

ダウンロードしたファイルは展開しておきましょう。

ファクトリーイメージのインストール

ブートローダーを起動する

電源をオフにして、電源ボタンと音量したボタンを長押しする

ターミナルでファクトリーイメージを展開したディレクトリへ移動する

flash-all.shを実行する

sh flash-all.sh

端末側はこんな画面になる

こんなメッセージが表示されたら完了

端末が自動的に再起動される

ダウングレードできていれば完了!

お片付け

端末の初期設定が終わったら、再び開発者オプションをオフにしてブートローダーをロックしておきましょう。

この手順により、端末が再度初期化されます

以下のコマンドを実行します。

adb reboot bootloader
fastboot flashing lock

コメント

タイトルとURLをコピーしました